바로가기 및 건너띄기 링크
본문 바로가기
주메뉴 바로가기

名品ギャラリー

当博物館を代表する遺物をご紹介します。

홈 > 収蔵品 > 名品ギャラリー

SNS
facebook twitter print

剣把形銅器

  • 剣把形銅器

Information

  • 遺物番号 扶余-002299
  • 漢字名 銅器
  • 国籍・時代 韓国-初期鉄器
  • 出土地 礼山郡大興面東西里
  • 材質 金属-銅合金
  • 文様 幾何文-集線文
  • 銘文の内容
  • 用途 宗教・信仰-剣把形銅器
  • 大きさ 長さ 25.0 12.2 11.7 幅 15.4 12.2 11.7
  • 指定区分
  • 参考図録 国立扶余博物館小図録(2011),国立扶余博物館常設図録(2014)
  • 展示位置 第1展示室
竹を縦に割ったような形の銅器である。前面には節があり、上下の先に行くほど幅が広くなる。前面の全体に短い斜線と点列の模様が帯状に2条、刻まれている。縄のように綯って作った丸い輪が付けられるよう、つまみの部分が上下に1つずつある。独特な形のこの銅器の用途が何かは分かっていない。しかし、礼山・東西里から出土した銅器の広い部分の中央に、人の手の形が刻まれていることから、祭祀と関連のある遺物だと推定される。大田・槐亭洞と牙山・南城里からも同様の銅器が3点ずつ出土した。幾何文の構成は類似しているが、南城里出土の銅器には人の手ではなく、鹿の模様が描かれている点など、一部に違いがある。